• <tr id="cywuy"><nav id="cywuy"></nav></tr>
  • <button id="cywuy"></button>
  • <button id="cywuy"><nav id="cywuy"></nav></button>
    • トップ
    • ?。尽?a href="/about/">企業情報
    • ?。尽∩玳Lメッセージ

    社長メッセージ

    ヨロズは、1948年に萬自動車工業株式會社として設立され、1990年に株式會社ヨロズへ商號変更を経て、サスペンションを主體とする自動車部品の専門メーカーとして日々の研鑽を積み上げ、國內外の多くの自動車メーカーから厚い信頼を得てまいりました。
    競合他社を圧倒的にリードする開発力は、市場調査に始まり、構想企畫、設計、解析、試作、実験までの部品設計全工程を自社で100%完結するヨロズ獨自のトータルプロダクションシステムが強みの基盤となっております。また、獨立系部品メーカーとなって以降、國內全自動車メーカー及びルノー、ダイムラー、フォルクスワーゲン等の海外自動車メーカーとのビジネスによって、當社の開発力はより強固なものとなっております。
    またヨロズは、プレス?溶接工法において業界を驚かせる新技術を生み出し続けてきております。結果として、常にオンリーワンの最新の設計技術や生産技術で、性能?重量?価格面において、群を抜いた競爭力のあるサスペンション部品を世界中に供給することで、各自動車メーカーからも高い評価をいただいております。そしてヨロズ生産方式(YPW)の革新によって、世界同一品質を実現している點も當社の強みとなっております。
    さて、新型コロナウィルス感染癥拡大は、全世界規模で人命のみならず、経済にもリーマンショック時とは比較にならないマグニチュードの大きさで大打撃を與えています。
    こうした中、自動車業界は100年に一度といわれる大変革時代に突入しており、自動車メーカー及び部品メーカーの合従連衡は今後さらに加速し、生き殘りをかけて過去に類を見ない激しい競爭が當分の間続くことが予想されます。そして脫炭素時代の到來に向けた取り組みの重要性は日々増しており、環境負荷の低減が企業の経営課題の本丸として捉えねばならない時代を迎えております。
    こうした厳しい環境の中、ヨロズ社員は、一人ひとりがコロナ禍で激変した世の中の動きに敏感に対応できる思考力?行動力そして感性を磨き、それぞれの立場で日々の業務に全力で取り組んでおります。
    そして、私もESG経営の実現に向けて舵を切る中、「安心?安全」で「抜群の品質と乗り心地の良さ」、その上で「コスト競爭力」のあるサスペンション、同業他社がうらやむ、素晴らしいサスペンション部品を各自動車メーカーに供給し続けていく覚悟であります。こうした取り組みを通して社會に貢獻し、全てのステークホルダーの皆さまの期待に応えてまいりますので、今後とも皆さまのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

    2021年4月
    代表取締役社長 平中 勉
    日本偷偷玩弄熟睡人妻